可能な限り八王子のセフレと…

その後、私は対症療法によって可能な限り自分の人生を延期するだけです。
八王子のセフレが最初に発見され、病院で診察を受けたときに彼が膀胱癌であると宣言されました。それにもかかわらず、私は薬の効力にほぼ一ヶ月を費やすことができました。しかし、血液が再び尿と混ざり始め、それがますます濃くなり、彼女は一日に数回血便を繰り返し始めました。

しかし、八王子のセフレは犬に痛みや嫉妬がないようで、それは大騒ぎをしている私達にとって非常に普通の表現です。私の食欲はまだ強いので、私は先導的に散歩します。しかし、赤いマーキングを取り除くのは難しいです。家の中では、それは普通の犬です。つまり、野蛮に走り、スラムし、ボールを噛み、そして遊ぶのが普通です。
しばらくして、私はたくさんの血を流していたので、それを準備することにしました。しかし、犬はまだ嫉妬しており、いつものように、彼女は男を頼みます。
八王子のセフレは止血効果のある薬を飲み、どういうわけか血を止めました。今のところ、私はしばらくの間平和な時間を過ごしています。今のところ、それは条件付きですが、あなたも血を漏らさなければ、病気の兆候はありません。平均余命がほとんどないのでおやこの寛大なことをしているならば、私は再び少し太ったように感じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*