八王子のセフレとあなたはただ話していた

ドライフラワー。 』\

作詞:ゆり作曲:八王子のセフレ

多分それは私である必要はありません
彼らはそれを買う余裕がなかった二人でした
気づいたら喧嘩してごめんなさい

私はいつも話したいと思っていました
https://www.nikukai.jp/hachioji-sefure/

私たちには合わないと確信しています
二人だけの部屋で
あなたはただ話していた

いつかどこかで会えたら
八王子のセフレは笑ってくれませんか

理由がわからない
あなたが眠った後、私は泣くのが嫌いです

不器用な声と顔
私はすべてが嫌いではありません

ドライフラワーが好きなあなたとの日々
きっと
フェージング

多分私はあなたではなかったのはうれしいです
もう泣かない
言葉を失った

そんな悲しい別れでも
時間が経つと忘れてしまいます
あなたは新しい人々と一緒に
私はうまくやっているのだろうか

もう顔を見たくない
不思議なことに連絡しないでください

それでも八王子のセフレですね。
しかし、私はそれを無視して、もう一度少し返信することはできません

不器用な声と顔
多分私はまだそれを嫌いではありません

時間をかけてドライフラワーを見たい
きっと
フェージング

月明かりの下でモンスターが揺れる
私は何か間違ったことをしていると確信しています
色は暗闇に浮かぶ

赤黄色の藍は私の胸の後ろです
あなたの名前を永遠に呼ぶ
愛情と香り

不器用な声と顔

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*